禁煙外来初診の流れと費用

とうとう勇気を振り絞って
禁煙外来を受けられる地元の内科へ。
皮膚科にも行こうと思っていたので、
皮膚科併設の医療機関にしました。


平日の15時過ぎ…
サラリーマンと思しき男性が多かったですね。
周りからはぷーんとタバコのにおい。
まさか自分のにおいではないよなー?と思いながら。


意外と早く名前を呼ばれます。
診察室横のベッドのあるお部屋。
看護婦さん、何をするんだー?!と思ったら。



DSCN5390 / contri



呼気中の一酸化炭素検査とのこと。
機械部分の数字がゼロになったら思いっきり
息を吐いてくださいとのこと。

↓この2番目の感じ
※抜粋元:すぐ禁煙.jp

一酸化炭素濃度.jpg


結果は8と言われました。
多い人だと30くらいあるのだそう。
まだまだ少なめだと言われましたね(;´∀`)


しばらくして先生の診療。
ウェブで調べた通り、禁煙治療薬のチャンピックス登場。
こういう説明を受けました。


禁煙外来の説明
・2週間に1回通院、合計6回3ヶ月で終了
・3ヶ月を過ぎると保険適用が出来なくなる
・保険適用がないと3倍の実費がかかる
 (なるべく3ヶ月しっかり通い禁煙することが大事)
チャンピックスという薬を飲むことにより
 脳内のニコチンを欲する神経を刺激。そのうち吸いたくなくなる。


禁煙治療薬チャンピックスの飲み方
チャンピックススターターパックの通りに最初は服用
・食後に多くの水で飲むこと
・チャンピックススターターパックより
最初の3日間は0.5mgを1回
4日目以降は0.5mgを朝、晚2回。
8日目以降は1mgを朝、晚2回。
8日目以降に実際禁煙をする。
それまでは普通に
タバコは吸ってもよい(けどタバコがまずくなるかも?!)
・禁煙中再度吸ってしまったらまた禁煙すること


禁煙治療薬チャンピックスの副作用
・一番多いのが眠気と吐き気
・車を常に乗る人は別の治療法を考える
・吐き気がひどい場合は別途吐き気止めを処方


診察後、2週間後の治療日時の予約を取り、
処方箋片手に薬局へ向かいました。

今回の治療費は1,690円、お薬代は1,710円。
合計3,400円です。なお皮膚科も含めているので、
禁煙治療だけだともっと安価かもしれませんね。




禁煙外来の費用や副作用検証日記トップページへ


2013年01月29日 | 禁煙外来日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。