チャンピックスで禁煙して一番きつい時期と2つの対処法


喫煙ルーム


タバコをやめて9ヶ月が経過しました。
思わず吸ってしまったトラブルもありましたが、翌日には吸いたくなくなります。

タバコをやめたことで、人との集まりにも参加しやすくなりました。
以前だったら、どこで切り抜けて喫煙所にこっそり行こうか。
喫煙者だった時は、そんなことばっかり考えていた気がします。

タバコをやめると海外旅行もすごくラクです。
タバコを吸えるところをわざわざ探さなくてもいいので旅行も2倍くらい楽しめます。

百貨店などのレストランフロアを中心に、禁煙のお店が増えている昨今。
今となってはむしろ、禁煙のお店かどうかをチェックするようになりました。

非喫煙者ライフってなんて幸せなんだろうっ!!つくづく喜ばしく感じます。
ところがそんな私にも、震えるくらいにタバコを吸いたい時期がありました。






禁煙日から1週間(治療開始2週目)あたりが一番しんどい



禁煙治療を始めて最初に配られるチャンピックスキット
飲み始めてから8日目以降は完全禁煙をしなくてはいけません。
ここから1週間くらいが一番きっついと思います。

このブログを読み返してみましたがやっぱりそうでした。
ところどころにタバコ吸いたい発言、電子タバコも買いに行ったり。




電子タバコは今は使っていません。買ってしばらくしたら
タバコを吸いたい気持ちが落ち着いてきます。こう考えると
チャンピックスの禁煙治療を補助する電子タバコはリーズナブルなもので
十分なんだと実感しました。
禁煙治療薬チャンピックス15日目と電子タバコ2


タバコを吸いたくなる時の乗り越え方



禁煙を乗りきれるコツは、この2つだと実感します。

  1. タバコを吸わない状況をとことん楽しむこと
  2. 禁煙治療にお金がかかっていることを認識すること


世の中は喫煙者にとって厳しい状況になっています。
今年になってからは、ホタル族(居室外でこっそり一服すること)裁判がありました。
タバコの煙で健康を害したと裁判を起こした女性が勝っています。
自宅ですら、吸いたくてもに吸いづらい状況になっています…

一方でタバコを辞めると、世界が広がります。
吸いに行こうとか考えてシュミレーションすれば余計に吸いたくなるし、
吸う場所を探すのも一苦労。
そんなストレスから解消されるって、本当に感動的なことなんです!

誰かと待ち合わせますよね。早めに着いたら着いたで
喫煙所を探しますよね。一本吸ってる間にギリギリになって慌て出したり。

今なら早めに着いてブラブラ散歩したりひなたぼっこをしたり。
上を見上げればこーんなキレイな青空!ストレスも発散されます。

青い空でストレス発散.jpg


昔だったら少しの時間も必死で一服してたな(^−^)


それだけで一日が有効に使えます。タバコ吸ってた時間でちょっとした
リフレッシュをすれば、その後の効率もよくなりますからね。

2つ目のお金もダイレクトに響きますね。
吸いたくなったら、禁煙治療の費用を出しているという事実を思い出しました。
保険が適用になっているから2万円台ですが、実質なら4万円の治療です!

毎月のお金を考えるのもいいですね。タバコを1日1箱吸ってたら1ヶ月30箱。
タバコ一箱が440円(ヴァージニアスリムの場合)だったら月間いくらですか?

440円×30日=13,200円/月


この13,200円は、禁煙治療が終わったら完全に不労所得です!!
不労所得って…正確には言葉の意味は違うのですが、
ヘビースモーカーであればあるほど。喫煙期間が長ければ長いほど。
それだけの支出を抑えられたってのはプラスなことじゃないですか。

タバコから開放された自由をかみしめ、タバコ吸わない分不労所得!!


チャンピックス治療の一番つらい時を乗り切っていきましょう!







禁煙外来の費用や副作用検証日記トップページへ


2013年11月21日 | 禁煙治療薬チャンピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。